三喜屋のリサイクル着物

リサイクル着物はおトク感満載

リサイクル着物とは?

リサイクル着物とは、戦後の着物のことを指します。
比較的近年のもので、状態も良いことが多く値段も手ごろなものが多いのが特徴です。リサイクルの定義は幅広く、一度袖を通しただけのもの、仕立てたものの一度も袖を通したことがないものもリサイクル着物の範囲です。
これから着物を始めようとお考えの方には新品よりもリサイクルがオススメです。

リサイクル着物活用法

リサイクル着物はこんな方にオススメです。

  • これから着物教室に通おうとお考えの方
  • お稽古事(お茶や日本舞踊)で着物が必要な方
  • お仕事で着物を着用される方。
  • 入学式や結婚式などフォーマルな場で着物を着て行きたい方

新品で一式40万円程度の着物と同等な品質のものもリサイクル着物であれば10万円以内でご購入が可能です。
※上記はあくまでも一例です。着物の状態により値段は異なります。

着物の種類

フォーマル

黒留袖

既婚女性が着用する最も格の高い礼装です。
既婚女性の第一礼装となっている着物です。

振袖

振袖とは袖の長い着物のことを言い、未婚女性が着用する最も格式高い着物です。華やかな柄が描かれているものが多く、成人式・結婚式などのに着用されます。
袖丈の長さにより大振袖・中振袖・小振袖の3種類に分けられます。

色留袖

黒留袖は既婚女性の第一礼装ですが、第二礼装にあたるものが色留袖です。近年では未婚女性が礼装として着ることも多くなりました。大人の女性の落ち着きが感じられる着物です。

訪問着

訪問着の歴史は意外に浅く、明治時代に考え出されたのが訪問着です。正装の一つであり、親族以外であれば既婚・未婚に関わらず結婚式に着用しても構いません。

付け下げ

付け下げは、縫い目に柄が被らないように描かれています。パーティーや芸術鑑賞など、訪問着を着では少し大げさかなと感じる場所で着用します。もともと訪問着の代用品として考案された着物なので着て行く場面は訪問着とさほど変わりません。

カジュアル

小紋

全体に細かい模様が入っていることが小紋という名の由来となっています。小紋の柄は上下の方向に関係なく模様が入っているため、礼装、正装としての着用は出来ません。

アンティーク着物
店舗案内 買い取りについて
ページトップへ