三喜屋のアンティーク着物

個性的な色柄着物がたくさん

アンティーク着物とは基本的に大正から昭和初期の戦前のものを指します。
当店のアンティーク着物は比較的状態の良いものを長い時間をかけ、独自の仕入れ方法でじっくり集めた素敵な品ばかりです。
現代物にはない斬新かつモダンな色や柄、うっとりするぐらい優雅で繊細な手仕事など、今見ても新鮮な魅力にあふれたものばかりです。
『和』の持つ魅力に惹かれた外国人の方にも人気があります。
※アンティーク着物には、時代にともなうシミ・汚れがある場合も当然あります。ご理解頂ければ幸いです。

着物の種類

銘仙(めいせん)

銘仙(めいせん)

銘仙は大正から昭和にかけて、その時代の女性たちの間で流行した絹織物です。丈夫な割に安価であるので、一般的に女性の普段着となっていました。今見てもモダンで独特な色柄が魅力的です。

お召し

お召し

織りの着物の中でもっとも格調高い着物です。徳川家斉が「お召し」になったことからこの名がついたと言われています。お召しは先染の縮緬です。織物に先に柄を付けるのです。すっきりとした上品な着物です。

やわらかもの

やわらかもの

やわらかものは主に、正絹でできている着物全般のことを指します。「染め」の着物です。
手ざわり、着心地共に良いことが特長です。

リサイクル着物
店舗案内 買い取りについて
ページトップへ